FC2ブログ

愛空スティック

~幸せの黄色いコマンド~

スポンサーサイト

--,--,--,(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物事と物事を無理やりにでも繋げてしまうのが人間の素敵なところ

2008,11,10,(Mon) 22:11:32

わたしは…子供のころ……
携帯電話のメール機能ってありますよね……
あの返信メール…開いて見た時ですね
タイトルに「Re:」って入ってるじゃないですか?
あれ……初めて見た時……








ボンキッキ





RE!RE!RE!

R E の R は R O Y A L の R !

R E の E は E N F I E L D の E !

R O Y A L ! R O Y A L ! E N F I E L D !




というわけでついに購入してしまいましたロイヤルエンフィールド ブレット350。
辛かった、辛かったです。長年連れ添ったSRを手放すのは。。
SRには何の不満も無かった、というのは少々言い過ぎではありますが、本当にいいバイクでした。
しかし実際、SRに乗っていたこの4年間に何度も他のバイクに目移りすることがありました。
SRに飽きたとか不満があったというわけではなく、新しい、SRにはない何かを求めたんです。
だからといってSRとは正反対とも言える水冷や多気筒、馬力といったものではなく、目移りするものはどれもあくまでSRと同じ空冷・単気筒ばかり。
エンフィールドもその中の一つでした。

しかし他のものに目移りするたびに、逆にSRの素晴らしさを再認識し
「やっぱり僕にはSRだな。」
と思い留まるわけです。
しかし理性がどうしようもなく揺らいだのが東北ツーリングの時でした。
初めて目にするロイヤルエンフィールドの実車。
おそらくツーリングの途中と思われるその一台が駐輪場に停められていた。

走っているわけでなく、ただ停められている。
ただそれだけで、僕に衝撃を与えるには十分でした。
丸みを帯びたテイアドロップ型のタンク、直立のエンジン、ヘッドライトナセル・・・
こんなものが走っていいのか、と。あまりのかっこよさに。

以前にもネットやら雑誌やらでエンフィールドは何度か目にしていた。
しかし「遅い」やら「トラブルが多い」「外車なのでアフターが」といった声を聞くたびに不安ばかりが募ってなかなか歩み寄れなかった。
しかし実車を見た瞬間、それらの不安はどこかに消えうせました。


乗りたい。僕はこいつに乗りたい!


そう思ってからは早かったですね。
試乗できる店を探しては試乗して、ネットでメンテナンスの方法を調べまくり、ハンコを懐にバイク屋へ・・・

ロイヤルエンフィールドという会社、もともとはイギリスで設立された会社ではあるが、高性能で、かつ安価な日本製のバイクにより駆逐され、本国では倒産してしまっている。
1995年、当時サテライト工場があったインドが「ロイヤルエンフィールド」の商標を得、今でも生産が続けられている。
このブレットは1955年に生産されて以来、(多少の改良はあったものの)当時と変わらぬ姿・技術で今日も生まれ続けている。
1955年といえば日本楽器製造株式会社(SRを生み出したヤマハの前身)がバイクの市販車第一号としてYA-1”赤トンボ”を世に送り出した年。SRのタンクは赤トンボのそれと酷似している。

めちゃくちゃ強引な感じはいなめないが、なんだか少し、SRとエンフィールドの繋がりを見出してしまう。
スポンサーサイト
前の記事
Live Jack
次の記事
ありがとう。

コメント

買っちゃいましたか~!!!
見たい!!!
このブログ左上のSR君がRE君になっちゃう日も近いってことですね☆
by 凸。
URL
2008-11-11 火 00:08:05
編集
おいらも
姉貴から受け継ぎました。これからは二刀流です。シングル乗りですが、9000まできっちり回して行きます。

by KenT
URL
2008-11-12 水 06:52:20
編集
〉凹様
も愛車手放すんですか?ダメっすよ、あなたは僕と死ぬまでツーリングする運命ですから。

〉ケン
ついに…!やっぱ単○頭はいいよね単亀○は!
9000回転とか、濡れるっ
by 英国太郎
URL
2008-11-12 水 07:47:52
編集
こんにちはっ。
おめでとさんっ。ちはっ。sumiですっ。私は夜中の3時にコレだぁ。って次の日には購入してました(笑)こんなんでももう丸4年乗ってますっ。大丈夫だいっ。ちなみにウイングフットさんのホームページにスタッフさんとインドにエンフィールドツーリングに行った時の日記なんかもありますから、是非っ。見て下さい。たまらんですよっ。
by sumi
URL
2008-11-18 火 00:18:04
編集
>sumiさん
どもですどもです。
あぁ・・・堪らんですね、堪らんですねインドとエンフィ・・・
それにしてもすごい思い切り方ですね!それだけ男前な英断が出来るからこそ、あの唯一無二の素晴らしいエンフィが生み出されたわけですね!
by 壽太郎
URL
2008-11-18 火 21:03:50
編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by -
2014-08-26 火 22:49:52
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://jetbike.blog17.fc2.com/tb.php/438-fc80b93f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。