愛空スティック

~幸せの黄色いコマンド~

スポンサーサイト

--,--,--,(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めぐり合い大地(7/17)

2008,09,21,(Sun) 15:56:40

さて、目指すは宗谷岬。
っても本当に北海道の道は(僕の心のように)ずーっとまっすぐに伸びており

「え?宗谷岬に行きたい?あぁ、この道を北へ600km程いくとすぐだよ!」

てなもんなんです。
とりあえず読み掛けのジャンプを泣く泣く棚に戻し、僕は出発した。

途中の道はこんな北海道っぽいものがゴロゴロしてる
ROLL
牧草ロール・・・牧草ロールケーキ・・・売れるぜこいつぁよぉ!

風車いっぱい
風車もなんかいっぱい。

なんていうかものすごい牧歌的なのね。空気も道も風景も。
首を右に捻れば広大な大地、左からは潮の香り。

あぁ、いいなぁここ・・・
道はどこまでも長く・・・
道幅も広くて・・・車もほとんど通らないし・・・
走りやすい・・・なぁ・・・
空は綺麗・・・だし・・・意識は・・・遠のく・・・し・・・

・・・ふぁぁ・・・

・・・・・・


いやいやいやいやダメっしょ!寝ちゃダメっしょ俺!!
アブネー、マジアブネーヨ!
いやー寝れる、寝れるよこの道。そして寝たら最後永眠だよこの道。
なんて恐ろしい・・・

まぁほとんど交通量が無いといっても時々ツーリンガーとすれ違ったりしてね、そん時は

「ヤー!」

てな具合に手を上げて挨拶すると向こうも

「ヤー!」

てな具合に挨拶を返してくれるんです。その確率ほぼ100%。
関西なんかではこうもいかないんですけど、そこはやはり北の大地。心も澄み渡るぜ。

そうこうしてると前方になにやらバイクが現れた。
スピードからすると小型かな。
真っ赤なTシャツを着た、ひげもじゃのおじちゃんだった。
いや、案外あれで若いのかもしれない。背中にはギッターのケース見たいのを背負っていた。
しかしそれだけではない。
僕には確かに見えた、彼が背負う、人には言えない過去が。

僕は彼のことに思い巡らす。

ある日突然 仕事をなくし
ある朝妻が出て行った
帰ってくるさと 電話したら
テーブルで震えだす携帯

そんなマッキーの曲が僕の頭の中に浮かんだのは想像に難くないはずだ。

そして彼はこう思い立った。

「おいにはこのギッターしかなかばってん、こいつで世界さとるばってん。」

そして妻との思い出の愛機に跨り、単身北海道にあぁなんかもうめんどくせぇ。
どうでもいいよ赤Tシャツなんか。
はいパスパスっと♪
とりあえず抜き去るときにも「ヤー!」はかかさず忘れずに。

しかしこのときの僕には思い知る由も無かった。
この北の大地で、彼と再び合間見えようとは。
スポンサーサイト
前の記事
コアラってユーカリ食って常にラリってんだぜ?
次の記事
あの地平線(7/17)

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://jetbike.blog17.fc2.com/tb.php/432-a267fbc8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。