愛空スティック

~幸せの黄色いコマンド~

スポンサーサイト

--,--,--,(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロストニップル

2010,06,04,(Fri) 00:28:58

男を造る。

バイクに乗っていると本当に色んな経験をする。
辛いこともあれば悲しいこともある。
けれどもそれ以上に楽しく魅力的な非日常がそこにはある。
それらが人生を豊かにし、日々に彩りを与え、人として成長していける。


”Motorcycle makes a man”


かつてモーターサイクルレース史上に名を刻んだ数々の名車を生み出したイギリスの諺です。
このイギリス領にあたるアイリッシュ海に浮かぶ島「マン島」では最古といわれる
公道を使用したレースが今でも(100年以上!)続いています。
―― 毎年数名の死者が出ようとも。

いったいバイクの何が、人をそうさせるんだろうか。



さて、話は変わりまして先日(といってもGWの事ですが)大学時代の友人とツーリングに行ってまいりました。
当時、僕がバイクの話をしても白目剥き剥き、口から泡吹き吹きするばかりでバイクに全く無関心だった彼が
なんと免許を取り、バイクを買ったというんです。

なんか
萌えー!萌えー!
とか言ってた彼がですよ!

いやぁ、嬉しいじゃないですか。社会人になってバイクから降りる人間が増えている中
こうして新しく一人、こっちの世界に飛び込んできてくれるなんて。
しかも友人との久々の再会がツーリングだなんて素敵じゃないですか!

善は急げ、さっそく日程調整し、会う事になりました。
彼は現在の住まいは大阪、僕は滋賀
ということで位置的に真ん中っぽい京都の大型ショッピングセンター「ダイヤモンドシティ」にて待ち合わせすることに。


…って久々でいきなり遅刻かよ!
ルーズなところは学生ン時と変わってねぇなあのイケメン野郎!
でも何故か憎めない奴なんだよなあの女子の視線釘付け野郎!

って思ったことでしょうね、彼。
遅れてごめんなさい、ほんと。

そして遅刻すること数Ⅹ分、待ち合わせ場所に着いた僕が見たものは…



ブラックのライダースをさらりと羽織り
無駄に長い足をバーバリーのデニムに通し
足元にはペカペカに煌くブーツ姿の彼は紛れも無くお洒落ライダーそのもので。
フフ、メガネは相変わらずだな、と思ったのは束の間
横から見たらメガネの柄がお洒落になっとる!!



思い起こせば数年前、みんなでPL花火大会を見に行った夜
「これが俺の生き様だ!」
と言わんばかりにタンクトップの横っちょから大胆かつアグレッシブに乳首をコニャニャチワさせていた君はいったい何処に行ったんだい!?
スーパーで買ってきた白いプラスチックトレイに乗ったままのクソでかいハムを食べながら花火を見ていたあの横顔は!?


ところが今の彼はどうだろう。
ヤングの憧れの街「ダイヤモンドシティ」に居ながら一際輝きを放っているではないか!
このまま駐車場の白線上で一人ファッションショーが開催されかねない雰囲気を醸し出しているではないか!

もちろんそこに、アグレッシブ乳首が不敵に飛び出す余地などこれっぽちも残されてはいなかった…



”Motorcycle makes a man”


いったいバイクの何が、人をこうも変えてしまうのだろうか。

げに恐ろしき、そして素晴らしき乗り物よ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。