愛空スティック

~幸せの黄色いコマンド~

スポンサーサイト

--,--,--,(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイクに夜の街並みは、似合う。

2010,05,22,(Sat) 18:54:51

さて、(色んな意味で)目が覚めたところで2日目が始まりました。
既に5月も中旬を過ぎ、GWの記憶など曖昧になってきましたが書きます、書いちゃいます。
僕って夏休みの絵日記も最終日に一気書きするような神童でしたから。

潮岬キャンプ場
家族キャンパーの大群が。

まだ暗いうちに多くのキャンパー達もムクムクと起き出して、海を眺めてました。
潮岬で見る日の出は素晴らしい!
太陽と自分の間に遮るものが何もなく、すごく近くに在るように見えました。

むくむく
むくむく

こんちわ!
おはよう!

むくむく
あ、ちょっと戻った!

太陽もすっかり顔を出し明るくなった頃(と言っても普段はまだ寝てるような時間に)テントを片付け、出発の準備を。
の前に腹ごしらえです。

めこめこ
なにがでるかな、なにがでるかな

こんちゃ!
ジャーーン!

チーズとサラミを挟んだだけのホットサンド。
しかし自然の中で食べると妙に美味い!!
ミミのカリカリっぷりが溜まんないです。

さぁ、軽めの朝食もとったしいざ出発!
とは言っても2日目の予定なんか全く決めてませんでした。
そもそもリタイヤ組2人とルートを決めて走るつもりでしたので。
完全行き当たりばったり、やってることは社会人になっても学生時代と変わりません。
無予算無計画性旅行万歳!

とりあえず今日、愛知に帰る先輩に途中まで付いて行く事に。
まずは昨晩、ご飯を食べに串本の町に出る途中に見えた紀伊大島に渡ってみる。

紀伊大島は和歌山県東牟婁郡串本町の沖合い約1.8kmの海上に浮かぶ面積およそ9.93km2、周囲26kmを誇る和歌山県下最大の(以下ウィキペディア参照下さい)

トルキィ
なんでも明治時代、座礁したトルコ軍艦の乗組員を救難した島ということでトルコ記念館やら慰霊碑、土産物屋があります。
トルコアイスも勿論。

トルコ!
日本最古の石造り灯台「樫野埼灯台」より。南国っぽい!

その後、橋杭岩も那智大滝も獅子岩もバビューンと華麗にスルー。
そういえばこの海沿いの道は数年前のGWにも走ったなぁ。
あまり休憩も取らず、一気に伊勢志摩まで帰ってきてしまった。

乾いたウミガメ
途中の道の駅にいた超ドライなウミガメ。早く水分を!

そしてここで愛知方面に戻る先輩と別れることに。
この先輩、恐ろしいほどに道に詳しく、迷い知らず。
サークルきってのナビゲーター、人畜無害の歩くカーナビ!
そんな先輩と別れ、独りになってしまった超絶方向音痴な僕。
迷う覚悟は、ある。

さて、余裕で帰宅できるところまで帰ってきてしまったがどうしよう。
せっかくのGWだ、このまま帰宅するのもつまらない。
広げた地図と睨めっこ、ふぅむ。
大王埼かぁ、行ったことないなぁ。
お、英虞湾って真珠の養殖が盛んっていつしか習ったなぁ。
よし、大王埼行っちゃおう!

僕の経験上、こうしてツーリング途中に何気なく立ち寄ったスポットというのは
なかなかどうして素晴らしい場所であることが多く、お気に入りの場所になることが稀ではなかった。
さぁ、今回はどんな素敵な出会いが僕を待ち受けているんだろうか!



――――(中略)――――



大王埼を早々に後にした僕は北上を続けた。


志摩と鳥羽を繋ぐルート「パールロード」は太平洋を見下ろす形で山道を走りぬける、なんとも気持ちいい道だった!
しかも現在は無料化されているという有難さ。先月走った伊勢志摩スカイラインよりこっちの方が好きだなぁ。
ん…先月……あれ、もうここ、先月のツーリングで通った道だ…
うわぁ、一気に現実に引き戻された気分だ。GW終了宣言突きつけられた気分だこれ。

あかんあかん!絶対帰らへんし!
鳥羽水族館に超行ってみたいけど流石に一人では泣いてしまう!
夫婦岩なんか見た日にゃ僕のグラスハートは跡形もなく砕け散ってしまうに違いない!
どこか、どこか行きたい所は…

…あった!!
前々から行きたいとは思っていたけどなかなか行けなかった場所。
だって夜にしか見れない夜景だもの。よし、行ってみるか!
この時まだ16時過ぎ、時間はまだまだある。
目指すは四日市市、ゆっくりと北上を続けた。

四日市市街地に着いたのは19時頃。
まだ時間には早いなぁ。温泉にでもゆっくり浸かろう。
大型スーパーにて露店を出していたタイヤキ屋の店主を買収(タイヤキ一個120円)し、温泉施設の有力情報をゲット。
チャポンとお湯に浸かった後はゴロンと休憩所で横になっているうちに眠ってしまっていた。

目覚めたのは閉館時間ギリギリの24時前。よし、良い頃合だ。
晩御飯を食べてなかったことに気付き、国道沿いのラーメン屋で遅めの夕食。
時間も遅い事から道もすいていてストレスフリーな市街地。

そろそろかな、地図を確認しもって走り続ける。
と、遠くに見える伊勢湾沿いがぼぉーっと明るくなっており、そこに向かってみると

魔高炉
きたぁあああ!
これです、これが見てみたかったんです!
四日市のコンビナート!
廃墟萌やら工場萌ブームで有名なスポット。
夜の姿だからなかなか見れずにいたんです。

超時空要塞
近づいてみるとゴウゴウと地鳴りの様な音が聞こえる。

炎を絶やすな!
たぶん聖火よりも消えることのない炎。

超昭和
まさに眠らない街といった世界が広がっています。
人気が全く無かったのが妙に幻想的。超メカニカル!

いやぁ、思ってたよりも近くに寄れて迫力がありました。
近未来ってあんなのかな。

このあとは適当な道の駅のベンチにねっころがり、3日連続の朝日を浴びながら帰路に着きました。
(なんか寝てばっかだなぁ…)
3日間しか走れなかったけどなかなか楽しいツーリングになっりました!
距離にして600キロくらい?コマンドで遠出するのにちょっと自信がついたかな。
さて、次はどの道を走ろうかなぁ~
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。